キャンパスナビゲーションのための拡張現実: 未来的なアプローチ

公開: 2023-10-26

現実世界にデジタル情報を重ね合わせる拡張現実 (AR) 技術は、私たちの生活のさまざまな側面を変革しており、教育も例外ではありません。 教育分野における AR の興味深い応用例の 1 つは、キャンパス ナビゲーションです。 このブログ投稿では、大学がキャンパス ウェイファインディングを使用して AR の利点をどのように活用できるかを検討します。

キャンパスナビゲーション: 既存の課題

大学のキャンパス、特に規模が大きく複雑なキャンパスを移動することは、学生、職員、訪問者にとって同様に多くの課題に直面します。 紙の地図や GPS ベースのスマートフォン アプリなどの従来のナビゲーション方法では、シームレスなエクスペリエンスを提供できないことがよくあります。 以下に、キャンパス ナビゲーションの重要な課題の一部を示します。

複雑なレイアウト

多くの大学のキャンパスは、多数の建物、通路、施設を備えたミニシティのようなものです。 レイアウトの巨大さと複雑さは、道を見つけるのに助けが必要な新入生にとっては圧倒される可能性があります。 この課題は、いくつかの建物も同様に見える可能性があるという事実によってさらに複雑になります。

不適切な標識

大学のキャンパスでは、標識が不十分または不明瞭であることが一般的な問題です。 標識が欠けていたり、設置が適切でなかったりすると、生徒は進むべき方向を推測してしまう可能性があります。 この問題は、キャンパスに不慣れな新入生にとって特にイライラする可能性があります。

建設と改修

進行中の建設や改修により、確立された通路が分断され、一時的な障害が生じる可能性があります。 学生や教職員はルートの変更に適応するのが難しいと感じる可能性があり、より慎重に通学計画を立てる必要があります。

アクセシビリティに関する懸念

障害のある人は、キャンパス内の移動に関してさらなる課題に直面する可能性があります。 多くのキャンパスではアクセシビリティの点で改善が図られていますが、一部のエリアでは、スロープ、エレベーター、視覚障害者向けの触覚インジケータなどの必要な設備がまだ不足している場合があります。

時間管理

広いキャンパス内を移動するのは、特に学生が別の場所で連続して授業を受けている場合、多くの時間を費やす可能性があります。 キャンパス内のナビゲーションが不十分だと遅延が発生し、学業成績に影響を与えたり、ストレスを引き起こす可能性があります。

セキュリティ上の懸念

場合によっては、特に夜間、学生や訪問者がキャンパス内の特定のエリアを移動する際に危険を感じることがあります。 個人の安全に対する懸念は、学生のルートや交通手段の選択に影響を与える可能性があります。

キャンパスナビゲーションのためのARソリューション

前述したように、従来の大学案内標識や地図には限界がありました。 しかし、最近の技術の進歩により、デジタル ウェイファインディング ソリューション、特に AR ウェイファインディングを通じてキャンパス ナビゲーションを強化するエキサイティングな可能性が開かれています。 これも:

インタラクティブなキャンパスツアー

キャンパス ナビゲーションにおける AR の最もエキサイティングな可能性の 1 つは、インタラクティブなキャンパス ツアーです。 AR アプリを使用すると、スマートフォンをかざすか AR メガネを着用するだけで、学生や訪問者に没入型のキャンパス ツアーを提供できます。 キャンパス内を移動すると、建物、ランドマーク、歴史的事実に関する情報が視界に重ねて表示されます。 これは、キャンパスの歴史と文化をナビゲートし、より深いつながりを育むのに役立ちます。

ライブナビゲーション

AR ナビゲーション アプリは、デジタル マーカーと矢印を物理環境にオーバーレイすることで、リアルタイムのターンバイターンの道順を提供できます。 目を上げて周囲に注意を払いながら、キャンパスを歩いていると、次のクラス、図書館、カフェテリアにつながる矢印が見えることを想像してみてください。 これにより、事故のリスクが軽減され、より魅力的なナビゲーション体験が可能になります。

カスタマイズされた情報

AR は、ユーザーの位置に基づいてコンテキストを認識した情報を提供できます。 たとえば、学生が図書館に入ると、AR システムは、図書館の営業時間、利用可能な自習室、コースに関連する推奨書籍やリソースに関する情報を自動的に表示できます。 このパーソナライゼーションにより、キャンパス エクスペリエンスが強化され、より効率的で個人のニーズに合わせたものになります。

拡張されたイベントカレンダー

大学は活動の中心地であり、毎日数多くのイベント、講義、集会が開催されます。 AR を使用すると、学生や訪問者はイベント カレンダーにアクセスし、関連する会場の近くで今後開催されるイベントに関するリアルタイムの通知を受け取ることができます。 キャンパスへの参加を促進し、課外活動や社交への参加を奨励します。

デジタル ウェイファインディングに関する知識を広げるには、「デジタル ウェイファインディングとは: トップ 10 の利点」を参照してください

キャンパス ナビゲーションに AR ソリューションを使用する主な利点

調査によると、71% の人が AR でより良いナビゲーションを体験していることがわかっています。 このテクノロジーを採用することで、大学や機関は、より効率的で魅力的でユーザーフレンドリーなキャンパス環境を構築できます。 主な利点は次のとおりです。

強化されたユーザーエクスペリエンス

AR ウェイファインディングは、ユーザー エクスペリエンスをよりインタラクティブで魅力的なものにします。 静的な地図に従う代わりに、現在の場所と目的地に適応する動的なルート案内を受け取ることができます。 このイノベーションにより、ナビゲーションが簡素化され、キャンパス探索の体験が豊かになります。

正確さと精度

従来の地図や標識はわかりにくく不正確で、フラストレーションや時間の無駄につながる可能性があります。 AR ウェイファインディングは比類のない精度を提供し、ユーザーが効率的に目的地に到達できるようにします。 このテクノロジーは、GPS とセンサーを活用してユーザーの位置を正確に特定し、最適なルートに沿ってガイドします。

リアルタイムナビゲーション

次に、AR ウェイファインディング ソリューションにより、リアルタイム ナビゲーションが可能になります。 ユーザーは、物理環境上にデジタル マーカーと矢印が重ねて表示される、デバイス上で段階的な指示を受け取ります。 常に地図や画面を確認する必要がなくなり、安心してキャンパス内を移動できるようになります。

個別のサポート

デジタル ウェイファインディングには、高度にカスタマイズされた支援を提供できる可能性があります。 あなたのスケジュールと好みを統合することで、システムは授業、図書館、さらには最寄りのコーヒーショップまでの最適なルートを推奨します。 このレベルの利便性により、キャンパスの探索が促進されます。

アクセシビリティ

AR ウェイファインディングは、障害を持つユーザーを含むすべてのユーザーのアクセシビリティを向上させることができます。 このテクノロジーは、視覚障害のある人に音声ベースの指示と説明を提供し、より幅広い人々がキャンパスをナビゲートできるようにします。

「アクセシビリティにおける屋内ナビゲーションの重要性」について詳しくは、ここをクリックしてください

最適化されたキャンパス設計

キャンパスは AR ソリューションを導入することで恩恵を受けることができます。 管理者は、ユーザーの交通パターンや人気の目的地に関する貴重なデータを収集し、レイアウトを最適化し、大学のウェイファインディングの全体的なフローを改善することができます。 より使いやすく、アクセスしやすい環境づくりに貢献します。

Global Market Insights Inc. のレポートによると、拡張現実の市場規模は 2024 年までに 500 億米ドルを超える見込みです。AR ベースのキャンパス ナビゲーションは、その利点を活用して、教育機関でのナビゲーション方法を変革しようとしています。 AR のアプリケーションには、キャンパス エクスペリエンスを強化し、アクセシビリティを向上させ、イノベーションを促進する可能性があります。 大学やカレッジがこのテクノロジーを採用すると、よりスムーズなナビゲーションへの道が開かれ、よりテクノロジーが統合された未来に向けてキャンパスが準備されます。

Nextech3D.ai による ARway.ai について

拡張現実体験プラットフォーム

ARway.ai は、現実と仮想をシームレスな体験に融合する強力なコード不要の空間コンピューティング プラットフォームです。 その強力な機能の 1 つは、正確な位置情報、デジタル ディレクトリ、ターンバイターン、最適化されたルートを備えた堅牢な AR ナビゲーションの作成を容易にするナビゲーションとウェイファインディングです。

ARway クリエイター ポータル

コードなしで 3D マップと拡張現実ウェイファインディング エクスペリエンスのパフォーマンスを作成、管理、追跡します。 ARway Creator Portal の主な機能は次のとおりです。

1. フロアプランと LiDAR スキャン
空間コンテンツのリモート視覚化とオーサリングのための概略図としてフロアプラン画像または LiDAR スキャンを使用してスペースを構成します。

2. 場所のピンとナビゲーション
AR ウェイファインディングでナビゲーションを改善します。 地図上の興味のある場所に場所のピンをドロップすると、訪問者が移動できる場所のディレクトリが作成されます。

3. マップ管理
仕様、機能、位置保持コンテンツ、マップのリンクを管理します。 QR コードを生成し、訪問者のエクスペリエンスを管理します。

4. ガイド付きツアー
AR コンテンツを備えたターンバイターン ナビゲーション パスを作成して、訪問者向けに魅力的で厳選されたツアーを作成します。

5. 分析と位置情報インテリジェンス
マップのパフォーマンスを測定し、空間内の訪問者の行動に関する重要な洞察を取得します。

6. コンテンツライブラリ
画像、オーディオ ファイル、3D モデル、ビデオなどをコンテンツ ライブラリに追加し、位置保持コンテンツとして空間エクスペリエンスで公開します。

この高度な AR ナビゲーション ソリューションの詳細については、こちらからお問い合わせください。